おすすめのグルテンフリーパスタ厳選5選 ~無添加パスタの選び方~

グルテンフリー 無添加 パスタ おすすめ

グルテンフリーとは、小麦製品を摂らない食事法のこと。

小麦アレルギーでなくても、健康のために実践している方も多くいます。

最近では、スーパーなどでも手軽にグルテンフリー製品が手に入るようになりました。

一方で、気を付けたいのは「添加物」

原材料名をみてみると、添加物が入っているグルテンフリー製品はたくさんあります。

今回は、無添加パスタの選び方と、おすすめの無添加グルテンフリーパスタを5つご紹介します。

目次

グルテンフリーパスタの添加物

グルテンフリーパスタの落とし穴は、食品添加物

小麦のモチモチとした食感を出すために、添加物を使うことが多くあります。

よく見かける添加物のひとつは、加工でん粉。 

加工でん粉とはどういうものなのか、くわしくみていきましょう。

加工でん粉とは

加工でん粉は、粘り気を出したり、でんぷんの劣化を防ぐために使われる食品添加物です。

「加工でん粉」とは総称で、実際には11種類の添加物があります。

複数の添加物を使っていても、表示では「加工でん粉」のみの記載。どんな添加物が使われているのか知ることができません。

加工でん粉を避けたい理由

加工でん粉を避けたい理由は、こちらの2つ。

  • 原料のとうもろこしは遺伝子組み換えの可能性がある
  • EUでは乳幼児向けの食品の使用が禁止されている

EUでは、加工でん粉11種類のうちの2種類(ヒドロキシプロピル化リン酸架橋でん粉、ヒドロキシプロピルでん粉)の

乳幼児への使用を禁止しています。

日本では使用が許可されているうえ、一括表示で「加工でん粉」と書かれていると、

上記2種類を含んでいるのか消費者にはわかりません。

少なくとも、お子さんのいるご家庭では避けたい添加物のひとつです。

おすすめの無添加グルテンフリーパスタ5選

それでは、おすすめの無添加グルテンフリーパスタを5つ、ご紹介していきます。

ALCE NERO(アルチェネロ) 有機グルテンフリー・スパゲッティ 250g

原材料名:有機とうもろこし粉、有機米粉

有機とうもろこしと有機米だけで作られたパスタ。

モチっとした食感で、小麦のパスタと変わらないおいしさです。

成城石井などのスーパーでも売られているグルテンフリーパスタです。

3種のまるごと米粉麺 3種類×6食分

原材料名(玄米めん):農薬不使用玄米、馬鈴薯でんぷん(北海道産 非遺伝子組み換え)

原材料名(胚芽めん):農薬不使用胚芽米、馬鈴薯でんぷん(北海道産 非遺伝子組み換え)

原材料名(古代米玄米めん):農薬不使用玄米、馬鈴薯でんぷん(北海道産 非遺伝子組み換え)、農薬不使用黒米

無農薬・有機栽培のお米で作られた、安心の米粉麺。

ゆで時間はたった1分の半生麺、かつ常温で4カ月以上も保存可能なところも魅力です。

ケンミン ライスパスタ 250g

原材料名:精米、玄米

普通のパスタより少し麺が細めですが、クセがなくおいしいパスタです。

お手頃価格でグルテンフリーパスタを楽しむことができます。

PERFECTEARTH グルテンフリーライスパスタ 225g

原材料名:精米(タイ産)、米ぬか

国際的なオーガニック認定の、厳しい基準をクリアしたお米のみで作られています。

平麺のしっかりとした食感がおいしいパスタです。

玄米のほか、白米、赤米、黒米のパスタがあり、味の違いを楽しむことができます。

ハーモニーライフ モロヘイヤライスパスタ 250g

原材料:玄米、モロヘイヤ(タイ産)

茹で時間が3分と短く、調理しやすい平麺パスタ。

パスタソースに絡めたり、ビーフンやうどんの代わりとしても楽しめます。

まとめ

あらためて、おすすめのグルテンフリーパスタはこちらの5つ。

「グルテンフリー」の文字に安心して、見落としがちな食品添加物。

商品を手に取る際は、原材料名を確認することがおすすめです。

今回の記事が、カラダにやさしいグルテンフリーパスタをお探しの方の参考になれれば嬉しいです。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
ななみな
1歳の息子を育てるママ。
8年間勤めた医療系の仕事での学びから、
無添加生活に目覚める。
食材宅配は「坂ノ途中」を愛用中。
目次