ホットクック買って後悔?購入前に知っておくべき5つのこと

悩む人

ホットクックって便利そうだけど、デメリットはないの?

こんな疑問を持っている方もいるのではないでしょうか。

ホットクックは大きなお買いもの。

購入前にしっかりとデメリットも知っておきたいですよね。

今回は、ホットクックを1年以上使って分かったデメリットについてご紹介したいと思います。

購入後に後悔したくないという方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

こんな方におすすめの記事です
  • ホットクックのデメリットを知りたい
  • ホットクックの購入を迷っている
  • ホットクックは時短になるのか知りたい

目次

ホットクックの誤解

自動調理器というと「時短家電」と思いがちですが、

ホットクックの調理時間は時短になりません

なぜなら、ホットクックのコンセプトは「無水調理」です。

圧力鍋ではないので、調理時間が時短になるわけではないのです。

人気の電気圧力鍋「クックフォーミー」と調理時間を比較してみると、その差は歴然です。

スクロールできます
ホットクッククックフォーミー
 肉じゃが 35分3分
 カレー 65分12分
豚の角煮90分30分

上記の時間は、食材や調味料を鍋に入れた状態からの調理時間です。

クックフォーミーは事前に材料を炒める必要があるので、

工程は全く同じではありませんが、本体の調理時間には大きな差があります。

まずは、ホットクックは調理時間は時短にはならないということを覚えておきましょう。

ホットクック 5つのデメリット

1年以上使って感じた、ホットクックのデメリットはこちら。

ホットクック 5つのデメリット
  1. 公式レシピがおいしくない
  2. 洗い物が多い
  3. 鍋に汚れが取れにくい
  4. 価格が高い
  5. サイズが大きい

それでは、それぞれを詳しくみていきましょう。

公式レシピがおいしくない

「ホットクック」と検索すると、予測ワードに「ホットクック まずい」と出てくるほど…

実際作ってみて、確かに公式レシピのなかには、味付けが濃いと感じるものもあります

この問題は、勝間和代さんの推奨している塩分量を参考に作るようにしたところ、

どんな料理もおいしく仕上がるようになりました。

勝間和代さん推奨の塩分量

:材料の総重量の0.6%

醤油:材料の総重量の3.75%

味噌:材料の総重量の5%

少ない調味料だけで作っても、素材のうま味が凝縮されて

おいしく仕上がるのはホットクックならではです。

ホットクックには、100種類以上のレシピがあります。

レシピ本を活用することで、料理のレパートリーも増えますよ。

洗いものが多い

ホットクックレビュー

ホットクックは内鍋のほか、3~4個のパーツを毎回洗う必要があります

ホットクック 4つのパーツ
  1. 内蓋
  2. つゆ受け
  3. 蒸気口カバー
  4. まぜ技ユニット

まぜ技ユニットは、料理によって使わないときもあります。

各パーツは小さく、食洗機にも対応していますが、

細々したパーツを洗うのは、めんどうに感じるときもあります。

鍋の汚れが取れにくい

内鍋がステンレス製のため、こびりついた汚れが落ちにくいという問題がありました。

私の使っているホットクック(KN-HW24E)もステンレス製のため、

料理によっては、汚れやニオイが落ちにくく洗い物に時間がかかることがあります。

2020年以降は内鍋がフッ素コート加工になり、

汚れもスルっと落ちるように改良されています

洗い物の手間を省きたいという方は、フッ素加工の内鍋がおすすめです。

CHECK

フッ素コート加工のものは、型番の容量を表す数字(16 or 24)のあとにFがつきます。

たとえば、KN-HW24Eはステンレス、KN-HW24Fはフッ素コート加工の内鍋です。

価格が高い

ホットクックの価格は約40,000円~60,000円です。

他の自動調理器と比較しても、価格はやや高めです。

初期費用を抑えたい方は、電気圧力鍋を検討するのもおすすめです。

サイズが大きい

Amazonより引用

ホットクックは2.4Lタイプのもので、

幅39.5㎝×奥行30.5㎝×高さ24.9㎝とサイズが大きめです。

購入前に置くスペースをしっかり確保できるかを確認しましょう。

また、調理中は炊飯器のように蒸気が出ます。

上部には、少し空間があったほうが安心です。

ホットクックを買って後悔した?

1年以上使ってみてわかった、上記のようなデメリットもあります。

ですが、私はホットクックを購入して大満足です。

その理由は、ホットクックには下記のようなメリットがあるからです。

ホットクック 5つのメリット
  1. キッチンに立つ時間が減る
  2. 火を使わないので安全
  3. 予約調理ができる
  4. 料理のレパートリーが増える
  5. おいしく仕上がる

ホットクックを使うことで、キッチンに立つ時間が減ります

空いた時間にほかの家事や、子供との時間も作れます。

調理時間は長いですが、ホットクックが料理中はほかのことができるので、

時間を有効活用することができます。

予約もできるので、スキマ時間に準備をすることが可能です。

なにより、ホットクックで作る料理はおいしいです。

特に、ホットクックが得意とする煮込み・低温調理で作ったものは絶品です。

まとめ

ホットクックを1年間使ってみてわかった、デメリットを5つご紹介しました。

デメリットもありますが、私はホットクックを購入して本当によかったです。

ホットクックが向いている人
  • スキマ時間に料理の準備をしたい
  • 調理時間が長くても問題ない
  • 素材のうまみを活かしたヘルシーな料理を食べたい

時間を有効活用できて、おいしく仕上がるホットクック。

毎日の料理時間のストレスからも解放されます。

ホットクックの購入を迷っている方は、今回の記事も参考にしてみてください。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
ななみな
1歳の息子を育てるママ。
8年間勤めた医療系の仕事での学びから、
無添加生活に目覚める。
食材宅配は「坂ノ途中」を愛用中。
目次