Apple Watchは育児のミカタ 〜子育て中に役立つ7つのシーン〜

悩む人

スマホがあるのにApple Watchって必要なの?

そんな疑問を持っている方もいると思います。

私は「あったら便利かな」ほどの気持ちで、妊娠中にApple Watchを購入しました。

そして出産後、ライフスタイルがガラッと変わり、

「Apple Watchがあることの快適さ」にあらためて気付かされました。

今回は、Apple Watchが子育て中に役立つ7つのシーンをご紹介します。

こんな方におすすめの記事です
  • Apple Watchの購入を迷っている
  • Apple Watchの便利な機能を知りたい
  • Apple Watchはどんなときに使えるのか知りたい

目次

Apple Watch 子育て中に役立つ7つのシーン

私が子育てをしていて、「Apple Watchがあってよかった」と感じるときは、

下記の7つの場面です。

  1. 買いものをするとき
  2. 電車に乗るとき
  3. LINEやメールを確認するとき
  4. 天気を確認するとき
  5. 朝・夜間に起きるとき
  6. メモをするとき
  7. ぴよログを確認したいとき

それでは、ひとつずつ詳しくみていきましょう。

買いものをするとき

子供を抱っこしながら、お財布を出して、小銭を探す作業はけっこう大変です。

こんなときには、Apple Watchのウォレット機能が活躍してくれます。

Apple PayモバイルSuicaに登録しておけば、スーパーやコンビニなど、

お財布いらずでお支払いができます。

カードの表示は、Apple Watchのサイドのボタンを2回押すだけ

iPhoneのように、顔認証でロックを解除する必要がないので、

マスクをしていてもパッとお支払いができます。

電車に乗るとき

子供を連れてのお出かけは、抱っこ紐やベビーカーに加えて、

オムツや着替えなど大きな荷物を抱えています。

モバイルSuicaをインストールしていれば、

改札にApple Watchをかざすだけで、スーッと通ることができます。

改札前で、ICカードをガサゴソ探す気まずさから解放されます。

LINEやメールを確認するとき

Apple Watchでは、LINEやメール、電話などの通知を手首の振動で知らせてくれます

内容がすぐに確認でき、返信までApple Watchで完了します。

重要なメールはすぐに返信でき、重要でないものはスルーできます。

このおかげで、通知が来るたびにiPhoneを開く手間がなくなります。

天気を確認するとき

AppleWatch育児

子供の洋服を選ぶとき、外出時にカサが必要か、朝晩は冷え込むのかなど、

Siriに話しかけるだけで、天気・気温・降水確率などを教えてくれます

さらにYahoo!天気アプリをインストールしておくと、雨が降りそうなときに通知がきます

子供と外で遊んでいるときなど、早めに帰るなどの対応ができて助かります。

朝・夜間に起きるとき

AppleWatch育児

Apple Watchは、手首の振動でアラームを知らせてくれます

産後しばらくは、昼夜問わず3時間おきの授乳が必要です。

Apple Watchでアラームをセットしておけば、一緒に寝ている家族を起こすことなく、

自分だけそっと起きることができます。

メモをするとき

AppleWatch育児

Apple Watchがあれば、ふと思いついたタスクをすぐに登録できます

たとえば、料理中にしょう油がなくなりそうになったら、

Siriに「しょう油を追加して」と話しかけます。

すると、リマインダーリストに「しょう油」が追加されます。

リストを見ながら買いものをすることで、買い忘れもなくなります

ぴよログを確認したいとき

AppleWatch育児

Apple Watchはぴよログと連携できます

「授乳した」「うんちした」など、Siriに話しかけるだけで登録完了

次の授乳時間も、すぐに確認することができます。

さらに、授乳間隔を登録しておくと、次の授乳時間に通知してくれます。

これなら新生児期の頻繁な授乳でも、忘れることがなく安心です。

Apple Watch どのモデルがおすすめ?

Apple Watchでは、series6・SE・series3の3種類のモデルがあります。

それぞれにどのような違いがあるのか、詳しくみていきましょう。

スクロールできます
series6SEseries3
ケースサイズ44mm/40mm44mm/40mm42mm/38mm
素材アルミニウム/ステンレス
/チタニウム
アルミニウムアルミニウム
ストレージ32GB32GB8GB
充電時間
(0→100%)
1.5時間2.5時間2.5時間
バッテリー駆動時間最大18時間 最大18時間 最大18時間
耐水性能
Wi-Fi
Bluetooth
Apple Pay
GPS
ディスプレイ常時表示××
価格(GPS)47,080円~32,780円~21,780円~
価格(GPS+cellular59,180円~38,280円~

大きな違いは、外見・機能・価格の3つです。

外見

series6とSEは、ケースサイズが44㎜/40㎜とseries3より大きめです。

さらに、series3と比べて、画面の表示領域が30%も広がりました

視覚的にも見やすく、操作もしやすくなっています。

機能

series6のみ、血中酸素レベル・心電図の測定が可能になりました。

SEでも「転倒検出」や「海外における緊急通報」など、

安全と緊急時のための機能は、series6と同じものが搭載されています。

価格

それぞれ1万円ほどの差があります。

見た目や機能など、求めるレベルに合わせて購入を検討してみてください。

GPSモデルとGPS+cellularモデルの違い

Apple Watchには、GPSモデルcellularモデルがあります。

この2つの違いは、Apple Watch単体で通信機能が使えるかどうか

cellularモデルはGPSモデルと比べ、価格が1万円ほど高くなります。

さらに、キャリア契約が必要で、通信費用が毎月かかります

常にiPhoneを持ち歩いている人であれば、GPSモデルでも十分活躍してくれます。

series6がおすすめな人
  • Apple Watchで健康管理をしたい
  • 充電時間は短いほうがいい
  • ケースの素材にこだわりたい
SEがおすすめな人
  • 基本的な機能でApple Watchを楽しみたい
  • 健康管理は心拍数と転倒検出で十分
  • 価格は安いほうがいい
series3がおすすめな人
  • 機能は最小限でいい
  • 初めてのApple Watchを楽しみたい
  • 低価格で購入したい

Apple製品の購入はAmazonがおすすめ

Amazonには、Apple公式サイトがあります。

AmazonからApple製品を買うことで、Amazonポイントがたまります

公式サイトで購入するより、低価格で手に入る商品もあります。

さらに、購入時にAppleCare+(Appleが提供している保証とサポートサービス)の申し込みも簡単にできます。

Apple Watchが気になっている方は、ぜひAmazonからチェックしてみてください。

まとめ

Apple Watchは、ビジネスマンやスポーツをする人向けの端末だと思いがちですが、

毎日の子育てライフをサポートしてくれる機能がたくさん備わっています。

Apple Watchは、肌身離さず着けているもの。

手をふさがずにApple Pay、電話やメールなど、あらゆるタスクを腕元でこなすことができます。

Apple Watchは、子育てを頑張っているパパ・ママにぜひおすすめしたいアイテムです。

購入を検討中の方は、今回の記事も参考にしてみてください。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
ななみな
1歳の息子を育てるママ。
8年間勤めた医療系の仕事での学びから、
無添加生活に目覚める。
食材宅配は「坂ノ途中」を愛用中。
目次